ED治療薬レビトラ服用は肝臓機能数値に影響?

8 4月

一般的にお薬の分解を大別すると、肝臓で分解されるものと腎臓で分解されるものに分かれます。ED治療薬レビトラは、体内で分解・吸収される過程で、肝臓に負担をかけてしまう場合があります。そして、レビトラは血管拡張作用もあります。

としては肝臓機能数値の異常やγ-GTP値の上昇を示す場合がありますが、しかしそれは必ずしもレビトラ服用が原因とは言い切れません。

ED治療薬レビトラであるPDE5阻害剤が、肝洞様毛細血管を拡張し、血流を増加させうるか、興味がもたれます。健康診断で検査される肝臓機能項目のGOT(AST)、GPT(ALP)、γGTPなどは含まれていません。具体的には、黄疸や腹水が無ければ、ED治療薬レビトラの服用は可能です。その他の肝臓機能障害の指標として、血小板の減少が挙げられます。肝臓機能が低下すると、この血小板数が低下します。

血小板数が10万/ml以下になった場合は、肝臓機能障害の進行が示唆されます。ご自身で判断するのではなく、是非、ご相談ください 。


引用される文章はこちらへ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です