放蕩息子とツ低血圧症バメ

7 3月

昔、あるを継承した大きな遺産の若い人、金の財産を尽くして蕩.最後に、彼は殘り一件皮衣ので、ちょうど厳冬に加え、彼もとても寒がり.

しかし、彼はある日突然ツバメを見るので、毛衣も換えた酒飲.彼は燕春に帰る意味.彼は寒さにされている以上、遠い北方で、全体の大地は回春、天気が暖かく、私がこの件皮衣何をしてますか?

本来若者の推定に問題はない、ただ彼は忘れたその言葉だけ民間のことわざ:ツバメ成春ない.

やっぱりしばらくして寒さに再び襲来、荷車また積もって氷と雪の上に轧轧しているが、煙突から煙の柱をまっすぐに、窓ガラスには結ばれているン.若い人が唯一防寒のものもなく、彼は薄着の服、寒くて涙を流し、彼に春を告げるツバメはもう雪の上の上で凍えた.

若者がたがた来ツバメにだけ、やっと歯間に彼の恨みを絞り出してからいまいましいやつ!あなたは害自分で言わないので、あなたを信じて、私も早替えを皮衣酒の飲み工場、余計に寒いもかなわない、こんなに寒い日は私はどう熬いきだ!

寓話啓発:

盲目的に簡単に人を信じて、自分を加えない結果は、時にはとても怖い.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です