忘れないあの低血圧症もののけ姫新聞配達員

5 4月

それは冬の朝、街燈が消えたばかり、木枯らし.私はかばんを背負って駅駅前で、待っている時間のない車.週囲に浸して濃いの夜に、遠くないところの交差点は何時街燈の明かりされ、4街.孤独にも遠くへの闇に延びて、冷たいビル道端で高慢に立って、意外にもこの朝の寒さ.

それは田舎の女、もののけ姫、顔色えび茶色、両目は明るい.は若い顔にいくつかの淺いしわ.長きが暴露、一種の世の変転.少し太りのスタイルをがっちりと刺繍綿入れの上着、外はまたぎゅっとセットは新聞配達の黄チョッキ.彼女は足が急速に自転車を、体も次に左右振り、すべてをして、車が鳴って疲れて、その姿には、普段から見れば、総は少しおかしい.こんな忙しいの都市の中で、彼女の存在は、もしかしたら謹む格入の「私と.彼女は感じました私を見つめ、遠ざかる前に振り返って眺めて、また私に温厚篤実で輝いて笑うと .

私は呆気に取られた.

それはどんなに素樸で生き生きした表情!この都市の中で、無数のような女があるかもしれないかもしれない、彼女たちは毎日の仕事をするために奔走して疲れないで、家で年老いた病身の親は、勉強している子供が、同じ生活を重荷の夫……生活に重いロック彼女の足、彼女はこの足かせを持って、自信を持ってダンス.

の生活の中で多くの苦難、彼女は黙って受け入れるが、苦難を削り彼女は生活をこのように勤勉で、強い女.この町はずっと努力して溶け込んで、努力して生活、愛に微笑.

p>私の忘れ難い<枚の笑顔、勤勉、素樸で、楽観的な専用、私に最も深い啓示.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です