広島の低血圧症母

21 3月

彼女は1人の普通の母親―――広島の母.

この晴れ渡った日の中で、彼女の気持ちがいい.かも知れない、彼女は自分の子供に見の祖母は、子供をやさしく撫でる祖母、おそらく、彼女は自分の子供を抱いて戸外に行って散歩したり、夏風は優しい低吟;かも知れない、彼女は自分の子供を迎えに行って心の彼が―――父ちゃん、もうすぐ来の再会彼女を一路唄おう.多分、彼女は自分の子供を連れて、川で洗濯、子供のように少し聞いてすばらしいドラムのような洗濯物をたたく音が、多分、彼女は自分の子供を連れて行く菜園も聞こえる料理で鍋を塗るの声……

かも知れない、たくさんのかもしれない、そしてたくさんの素晴らしい人生シーン.が確認できて、その時、彼女はすでに道、軽い足健身に歩いて懐に抱いている赤ちゃん.

しかし、すべてのすばらしいも終瞭、1945年8月6日の一団の巨大な炎に.

あの時、彼女は道を歩いていて、自分の子供を懐に抱いている.その火が、降り、彼女はすぐに本能的に頭を下げて、腰をかがめて身をかがめて、自分の肉体が、懐の子供のアーチの安全空間.しかし、彼女は実現しなかった、懐の中の子供は、彼女と同じように、瞬間真っ黒こげになって.これは一般の炎ではなく、核爆発後の発生の温度と最大100万度の巨大な火の玉.たとえ遠くて1キロ以外にも、1800度.

こちらを抱く母親は自分の子供に灰で、生前のこの最後の姿勢が成就しました、母の愛の永遠の神話.

こちら広島母、後代の人にして体のブロンズ像、日本広島和平公園内に置く.

有史以来、人類初の原爆を自分に向け、アメリカ日本の広島と長崎核爆撃.広島にキノコ雲、人々が本当に理解した瞬間無差別大量殺戮の地球人類の悪魔の核兵器の内包.私は投下のこの枚の名は小さい男の子の核、どんなに十分どんなに正義の理由は、動きをつけて、人類は徹底的に自分を完全に踏み出した地球を滅ぼすの第一歩.

核兵器に悪魔、幽霊のように宇宙間のこの靑い星で、その暴威指先.张承志その長編エッセー長崎ノート』に書いては「とにかく瓶の木塞は開いて、悪魔の口から抜け出して、二度とそれを閉めた.あの日から、この悪魔が始まったそれは地球の上空逡巡の日.それを毎日飛んで私達の頭のてっぺんに耳を傾け、もし、それが悪いように聞こえる.

現在、国際社会の認可の核保有国がアメリカ、ロシア、イギリス、フランスと中国の5カ国.アメリカ世界で核兵器保有数が最も多い国」

☟女性不感症

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です