小さな低血圧症幸せを干して物流ください

14 7月

見守る天使

つもり端午の節句の日、私たち家族3人で遊びに行ったり、天に及ばない.端午節の前日になって耳下腺炎、ても行くことができません、予定の計画は全てキャンセル.私は口では何も言わないが、心の中はとても.めったに出かけてひと息入れる、……おや!

私に会うのが憂鬱で、私を笑わせるもの、あなたを連れて行きますか?

私は彼をちょっとにらんだ、不満なそんなわけないでしょう!出にも出られない、何もプラグドラゴンボート?

旦那さんのような笑て引っ張って、私のパソコンの前に座って、機械をスタートさせ、バイドウ、バイとバイドウの間、私は見る太鼓黄带飄々とは、旦那はマウスで、すぐ目の前に見せ、一条真っ靑な川がスクリーンに、ああ!不思議で、しかも川の上には漂っている赤、黄、緑の3色の人に大いに竜船.

夫をドラゴンボート上の行字を書いて、あなたのドラゴンボートをクリックして.私が持っている好奇にちょっとレッドドラゴンボートから赤い祝い.時完ドラゴンボート、舟の上の文字になりましたが、ドラムを叩き、ほどに速く漕ぎほど早いよ.

早速マウスで太鼓をたたいて行ってから、ゆっくり、黄竜先回りし、スクリーンに一閃、バイドウでこれを打ち出し、端午の節句.私ははっ、と笑って、引き続きにちょっとドラム、ドラゴンボートてまた現れて、今回私時黄色ドラゴンボート、そして急速に緊張を、ひとしきり後、画面が現れた欧耶に勝って、端午節おめでとうございます.

思わず笑った、遊んで何度も大いに堪能する.そして娘も入ってるこの項で、彼女が何度も遊んでいる、私は笑った.夫をかき集めている私たち娘俩にたにた笑って言います:“見ましょう!家にいて外出しないにも見つかる、おめでとう」と

旦那さんの顔を見て、私は真剣に限り発見は、随所に.

p>を見守る天使の本文<オリジナル、ネット転載『一品故事網」は、本人の同意を経なければならない!連糸QQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です