包皮亀頭炎は患者の低血圧症生活に影響を与える影響は大きい

21 7月

は包皮亀頭炎で発症率が高く、初期症状が軽く、時には良い時悪く
,低血圧症、日常生活において無視され,深刻な時に受診して.包皮の亀頭炎は患者の生活に影響を与える影響は大きい、しかも包皮亀頭炎はまた多くの合併症を引き起こすことができて.

じゃあ、包皮亀頭は何を食べたらいいのかな?

p> <いち、小豆粥:うるち米ゃくしょうづgで、うるち米500 g、粥を煮て食べ、解熱解毒、利水を散らす.

に、リョクトウリョクトウうるち米粥:gで,うるち米の100 g、共に感服粥を煮て、解熱解毒、消水腫.

1条1条、うるち米は1条、うるち米は1匹、砂糖は適量です.先におかゆ~半熟にして、ヘチマ粥、ヘチマ砂糖、食のかゆ、解熱解毒、凉血消癰.

よんしよ、冬瓜飲:嫩トウガンの約500g1、洗浄帯緑のスライス、水適量を加えて、少々の塩、調味料、煮食用、熱を下げて利湿効果.

豚足4匹はきれいに洗って、ネギは50 g、食塩は適量、釜の中の火を入れて煮て爛、肉スープ、解毒の腫れの効果がある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です