低血圧症愛あえ

12 6月

愛あえ、北京の伝統風味軽食、毎年旧暦の春節前後、北京の軽食店に売る夏の終わりまでずっとこの品種は、秋のはじめから、愛もあえ属春秋品種は,低血圧症、現在一年四季が供給.愛あえは歴史は悠久で、明万暦年間監刘若愚の『作用中誌』の中でもち米夾ゴマをリァンカォ、丸で餡をあえ、すなわち古の「落ちないクリップはも.」明らかにこの食品はもち米で液体に浸して、それから入せいろ蒸し、冷める揉んで干して均等で、取っ組み合いを小さく剤を成圆皮に包んで桃仁、ゴマ仁、ウリの種、靑梅、金かまぼこ、白砂糖、練り餡は、明万暦年間と呼ぶの食品あえ.しかしどうして後にはまた愛にあえますか?で李光庭清人『郷諺顔をほころばす』という本の中で見つけた説明.1位の皇帝が好きというあえ、食べたいかを食べる時、言いつけ御愛あえ.その後この食品伝来民間、庶民はにも言えない御の字は省きましたので、御の字で愛あえ.この軽食は明代に流出した民間、明代の金瓶梅に記して流行りの美味に愛しあえ.愛はもうあえ外皮用のもち米を蒸したで、餡も桃仁、肺臓二口、ゴマ仁と砂糖を事前に炒めてやったので後に食べられる.だから燕都の小さい食品雑詠』の中で「白粉モチゴメ入蒸し器、五目餡粉面こする.ばかみたい煮団子を待たないで、イスラム教を作愛あえ.まだ注「愛あえ、回人と販売食品の一つで、蒸し透極ぼろぼろの月見、あとで寒いを様々の餡は,小麦粉で団は円形になって、大きさ、視価格によって、コールド.愛のやり方にあえ原料:長い籼米150グラム、丸いもち米の150グラム、サラダ油大さじいち、熟黄粉適量アクセサリ:糖ひゃくグラム、熟白ゴマ25グラム、靑赤い糸、金枣割れ,熟クルミ、松子の各ごグラムの方法:①長籼米、丸いもち米をきれいに洗って、さんじゅうため薬局分、沸いて水に浮いてやけどをして、を入れて湿布を敷いたのセイロで、火にじゅう分蒸し.②蒸したもち米熱いうちに入れてミキサーで、打から見えない米粒、早く混ぜ前にいち大さじサラダ油を加え、混ぜ後に倒れて熟きな粉.③白胡麻炒め香、クルミ、松子の香りと靑赤い糸、金枣割れ、砂糖をよく混ぜて作られあん.④メートル団一つ一つにじゅうグラムの団に分け、手のひらにぺしゃんこに、バッグに具を入れ、両側に指でつまんでて、丁度良い形.Tips:を途中で水気を水に再蒸し、やわらかい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です