低血圧の症状はなにがありますか?

私たちが医院で受ける一番身近な検査は、「血圧測定」ではないでしょうか?血圧が正常か、異常か、血圧異常の場合は高いか低いかなど関する知識をここでは紹介します。血圧が正常より低い状態が低血圧で、収縮期最高的な血圧100mmHg以下が目安とされています。 でも、自分の調子が悪いけれども、それは低血圧になった人は少なくないでしょう!だから今度、低血圧の症状について詳しくご説明します。

頭痛
脳へ血流が少ないために頭痛が持ちます。

顔色が青白い
血液循環悪い上に、寝不足、疲労感などが重なってのが特徴です。

猫背気味
自律神経が乱れると姿勢筋がうまく働かないため猫背気味になります。

肩こり
筋肉への血流も滞り、肩が凝ります。

年齢より若く見える
体内に水分がたまりやすく、肌がみずみずしく見えるため、若見えます。

そのほかにも、めまい、頭痛、耳鳴り、疲労感、倦怠感、肩こり、動悸、息切れ、胃腸虚弱、不眠などさまざまな症状が表れることもあります。もし、上のような症状が継続してみられる場合は、定期的に血圧を測定してみましょう。最高血圧がいつも110mmHg以下だとしたら、低血圧が原因で症状が起こっている可能性もあります。検査を受け、病気との関連や、自分の低血圧のタイプを知っておくことが大切です。

手放せない媚薬|今まで感じたことのない刺激的な夜を!