サラリーマンは気をつけて五つの低血圧症習慣になって命を奪う悪習

18 9月

サラリーマンにとって,低血圧症、その普段参加できる運動鍛錬の機会が少なかったため、そのもし通勤中は良い習慣をつけるなら、まだ可能性のためのいくつかの悪い習慣が存在し、自分の健康に一定の隠れた危険を殘し、以下の五つの習慣は、サラリーマンは、気をつけて可能性の命を奪う悪習の悪い習慣.

p>の命を奪う悪習<
;いち:保温コップでお茶を入れる

命を奪う理由:破壊ビタミン、大量の滲出タンニン酸やテオフィリン.

お茶に含まれるタンニン酸、テオフィリン、茶ゴマ油と多種のビタミン、はちじゅう℃程度の水入れが適して、もし保温カップ長い時間お茶を浸し高温水中の、まるで微水で炒めて煮ましよう、茶葉の中のビタミン全破壊に遭って、茶油大量揮発タンニン酸、テオフィリン、大量の滲出.これはお茶の栄養価を減少させ、お茶、有害物質が増えて.

p>を見拆招<:換コップ.

命を奪う悪習に:食事の後で喫煙

命を奪う理由:たばこの中の有害物質が人体に入りやすい.

食後に1本のたばこを吸って、中毒量はふだん10本のたばこの総和を吸って.から人が食事の後、胃腸蠕動を強化して、血液循環を加速し、そこに人体に吸収能力に入る煙の最優秀状態、煙の中に有毒物質が人体に入っていつもよりやすい、より重くなって人体の健康に対して損害の程度.

p>を見拆招:<を全面禁煙に.

命を奪う悪習さん:飲用水の不足

命を奪う理由:p> <,脳の老化;脳血管、心血管疾患の腎臓代謝機能;影響.

オフィス一族は仕事中、仕事による精神高度集中で、水を忘れやすく、体内に水分補給不足になりがちです.体内の水分を減らして、血液の濃縮や黏調が増大し、簡単につながる血栓症、脳血管,心血管疾患にも影響を及ぼし、腎臓代謝機能.

p>を見拆招<:多く水を飲んで、勤上トイレ;しかし注意して、一部の大腸代謝機能の悪い友達がのどが渇いた時更に行って水を飲むように、体内に水分代謝をさらに紊乱.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です