イライラして、春の低血圧症「いらだたしい症」の治療には、「いらだたしい症」の鍵がある。

30 8月

いらいらして、のぼせやすくて、怒って、夜寝ないで、食事は味覚鹿重,低血圧症、口の潰瘍、手のひらや足の裏蒸し暑いだが、背中冷たい胸.もしあなたは前のこれらの病状があるならば、そんなに、とても不幸で、あなたは春季“いらだたしい症になります」.ても焦らないで、小さく編むことが(腎臓.

どうして春がそんなに多い人がのぼせて、いらだたしいこれらの症状が現れますか
?四季から養生にとっての“春生」の生は陽の始発は、自然界で大樹春発芽のように.人体は春の各臓腑機能もかもめ状態になって、樹は発芽して冬根の蓄えの水分と養分を必要とします.この大木は十分な水分と養分を吸収して、芽が芽を出す可能性がありません.

人も同じように、春の万物を勃発し、私たちの臓腑適応四季も回復機能、この時には腎精支持、肾阴栄養.中国医学の観点、冬もし私達がとても良い収蔵腎精が出て肾阴不足、損失.漢方医の話では腎体の根本、「腎主水”、私たちは春の表現のイライラ、のぼせて、耳、目、口の潰瘍、痒いし,乾燥、味覚鹿重などの症状は、肾阴不足肝熱肺熱の症状.専門家は注意して、みんなを選ぶべき純漢方薬類類製品を益寿腎臓を補って、肾阴,肾阳、補足腎精、問題が解決できるすべての症状.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です